ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 覆面作家企画5 感想<Aブロック> | main | 覆面作家企画5 感想<Dブロック> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
覆面作家企画5 感想<Cブロック>
 Twitterでつぶやいた一言感想をまとめただけのものです。一部加筆修正しています。

C01 天つ虫といとしき亡き月の王
天つ虫は桑の葉を食べて糸を吐くのに、いつからそうではなくなったのでしょうか。もしかして表向きは桑の葉だけど、本当は○○(ネタバレを避けるため伏字)。重税も同じ。それなら先代王の人柄がよくないと人心はまとめられないですよね。そう考えると、エルーナの繁栄は短命に終わる運命だったのかも。娘が自分の利益に結びつく取引をせずに、使者を○○しちゃったのもエルーナの滅亡の原因を暗示しているように思えます。

C02 踊り子と王様
王子と踊り子が結ばれると思いきや、あの展開!いい裏切りでした。王子が完全に模範的な王様にならなかったところも良かったなぁ。踊り子の娘の動きの一つひとつから様々な色がこぼれ出すようで、とても鮮やかなイメージが浮かびました。 彼女の凛とした生き様が素敵でした。

C03 瓶詰め
とても詩的な作品ですね。子供の頃のほんの短い期間の思い出ほど、鮮やかに感じられますよね。ガラスの瓶を通して見る花火が何倍にも美しく思えます。何だかんだ言いつつ学校の宿題やドリルを真面目にやってる悠人君に好感が持てました。飴のチョコ味が不味いのは同感(笑)。

C04 首長竜、旅に出る
首長竜というタイトルからバリバリのファンタジーを想像していましたが、いい意味で期待を裏切られました! でも傾向は違うけど、内容を考えるとやはりファンタジーですね。日常の中の非日常がさらりと描かれていて、きれいにまとまっていたと思います。

C05 白魔道の街で
短所も裏返せば長所、なんて事を考えてしまいました。自分の得意な事が尊重されて認められる環境だったら、ステファンも長いこと苦しまずに済んだかもしれませんね。アーサーはドジっ子だけど、ステファンの陰に光を当ててくれました。彼らに武運あれ!

C06 モノクロ
最初は怯えて震えていたのかと思いきや、体力が回復してからの傲岸不遜ぷりはなんなのだ。これも貴族ゆえ?(笑)二人の存在が対になってるのも何か重要な符号なのかな? 実は二人で一人、とか……。これから始まる長い旅の始まりといった印象の物語でした。それにしてもアンは無鉄砲にも程があるよw

C07 色彩認証
店主、なぜ主人公が来た時に人形をわざわざ箱から出したのだ……?実は店主にもなにがしかの思惑があったのか?
この人形の言語機能はすごいなぁ。でも私なら人形をアドバイザーにしたいとは思わないから、テストは受けないかも。都市伝説だけでは引きが弱く感じられるので、それでもあえて人形に「小説の事を相談したい」と思わせるプラスアルファが欲しかった。

C08 グッバイ・ロンリー
飲酒運転はいけません(笑)。主人公の失恋は浪人したのが原因かな?彼の人となりが今一つ掴めなくて、何故もてるのかがよく分からないのは私に女子力がないからなのか(汗)。余裕ぶっていたのに後半は狼狽しまくりのミサコさんとのこれからが気になります。

C09 赤い鞄
昔読んだホラー漫画に話が似ているので、その作品へのオマージュかな?と思いましたが……。男の焦りや不安の描写が見事です。携帯電話を取り上げたのは浮気を疑っていたのでしょうか。実は妻の死因も事故ではなかったのか?と色々妄想させる要素があって面白い。

C10 SIKI
あれ、叔父と姪って結婚できるの?色さんのハッタリ?でも最後は公認ぽいし。
主人公は最初少年だと思っていたので、段々エロティックになっていく展開に驚きました。

C11 オレンジの君
部長さん、なぜ食堂で会った時にハンカチの件を言わなかったのだ? 実は彼女も幽霊部員君の事が気になっていたから、自分が食べ終わるまでつきあわせたのかしらん。そう考えると、実は主人公にとっては大波乱が起きる暗示なのかもしれない、このオレンジ色。

C12 色とりどりの世界
色を失う恐怖よりも、自分の感動を共有できない悲しみの方が強く感じられる作品でした。少しずつ視界が色あせていったグレンの描く絵はどんな風に変化していったのかが気になります。

----------
好きな作品・気になる作品は:
「C01 天つ虫といとしき亡き月の王」「C02 踊り子と王様」「C04 首長竜、旅に出る」「C09 赤い鞄」。
覆面作家企画関連 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
*記事内容に無関係のコメントは削除します。
またスパム対策のため、URLを記入される場合は、先頭のhを抜いて「ttp」で始めてください。
コメントする