ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 覆面作家企画5 感想<Cブロック> | main | 覆面作家企画5 感想<Eブロック> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
覆面作家企画5 感想<Dブロック>
  Twitterでつぶやいた一言感想をまとめました。一部加筆修正しています。辛口な感想もありますが、突き放すようなことは書かないようにと心がけています。

D01 俺の妻の手作り弁当がまずいわけがない
古風で堅苦しくて可愛げというものから限りなく遠そうな喋り方(※褒めてます・笑)、栄養面はばっちりでも彩りとか見た目からくる食欲というものに全く考慮していない弁当(←これも褒めてます・笑)など、いちいちツボに来すぎです、妙子さん!でも俊介さんとはラブラブなのが実にいい。二人の慣れ染めが知りたいです。

D02 マジで恋するうんたらかんたら
登場人物の背景が見えないので、色々不明な点が。初対面のはずなのに三人とも妙に会話が弾んでいたり、高貴さんの友人とおぼしき語り手は最初からこの状況を見ているのにいきなり途中で割って入ったような描写になっていたり。香織さんに一目惚れした本人の心情をもっと描写しても良かったのでは? ノリと勢いで楽しむ作品かなと思いました。

D03 荒野のニンジン
ニンジンに始まり、ニンジンで終わる物語でしたね。出だしがニンジンなので、阿刀田高か星新一のようなお話かと思いましたが、意外にも正統派の剣と魔法ものでした。レフィカさん、ニンジン料理以外のレパートリーも増やして上げてください(笑)。

D04 彩色展覧会
宮沢賢治か長野まゆみを思わせる、透明感のある美しい雰囲気のあるお話でした。宝石の擬人化かと思ったのですが、「先生」が出てきて宝石たちの斡旋先を決めたり、最後の一文もあるので、「もしや宝石に見立てた人身売買か?!」などと物騒なことを考えてしまった事をお詫びします(笑)。

D05 キャンバス
百合っ気のある友情もの、かと思いきや最後のどんでん返しでやられてしまいました。最初は青かった空なのに、ハルとミツルの短いやり取りの間に美咲の心中で何が起きたのか。再読するたびに美咲と言う少女が分からなくなり、不安にかられます。

D06 透明な口付け
ゆかりは病弱ゆえに性別をたがえて育てられたのでしょうか。病気は回復することなく夭折したのか。一瞬、途中で佐江子さんの独白に登場する老人がゆかりの将来の姿かと思ってしましたが、よく読むと違うようですね。(ゆかりの母親に関する描写などから)
個々の描写が丁寧で美しくて、引き込まれる作品でした。

D07 色彩の守護者
危険な魔物退治をさせるのに素人二人を組ませるなんて!ここはやはりベテランと新人の組み合わせでしょう!(←個人的趣味・笑)
色彩の王に関する描写が少ないので、どんな王なのかイメージがわかず。もっと枚数があれば細かい説明もあったのかな? 惜しい点は多々ありますが、テンポが良くて面白かったです。

D08 ばら姫と枯れた魔女
童話風の物語なのに色々と深いですよ、このお話。矢車菊、大した女ですなぁ。実は全てが彼女の策略だったのではないかとつい勘繰りを。
冬将軍も、美人なら誰でもいいのかよ!(苦笑)
わがままで美しいばら姫の末路が一種のループ世界を暗示させて、上手いなと思いました。

D09 サイレント・カラー
扱っているテーマが興味深いのに、私の頭が悪いからなのか、詐欺事件やお金を取り戻したいきさつが理解できない!何度も読み返したのに、ぼかしてるところもあるのでしょうか、やはり分からなくて……。分かりたいのに理解できなくて、悔しいです。
お婆さんの武勇伝が中心テーマだと思うのですが、冒頭の色即是空についての描写でぼやけてしまっている気がしました。そのあたりをもっと分かりやすく書いてほしかったです。面白いのに、いろいろともったいない!
孫娘をろう者にしたり、お婆さんを外国人花嫁にしたのは、言葉によるコミュニケーションに制限をつけたかったからなのかな? 大地にしっかりと根を張らないひょろ長い木が、バベルの塔を暗示しているようです。

D10 祈りをあなたに
冒頭の、差別意識に溢れた歌詞がデキーの内面を象徴している気がします。ルゥリンにペンダントを上げたことで、彼女も変わっていくのかな? これから長い恋物語が始まっていく――そんな感じがしました。

D11 My colors
翔はなぜ美佳と婚約する気になったのだろうかと不思議に思うほど、彼女は幼いですな。しかし破談になったいきさつを考えると、どっちもどっちなのか? 別れを経験することで美佳は一皮むけましたね。

D12 Redbook/Bluewitch
人類が滅びへの道を突き進んでいる世界での戦い、世界を埋め尽くす青い薔薇。淡々とした語り口ですが、世界観も主人公の心情も分かりやすく描写されていて上手さにうならされました。物語はこれからといった終わり方ですね。主人公のこの先が気になります。

----------
好きな作品・気になる作品は:
「D01 俺の妻の手作り弁当がまずいわけがない」
「D06 透明な口付け」
「D08 ばら姫と枯れた魔女」
「D12 Redbook/Bluewitch」。

一押しはD08! 矢車菊に全てを持って行かれました(笑)。
童話風の作品って、相当上手い人でないと書きこなせないものなんだなーと感じたブロックでした。
覆面作家企画関連 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
*記事内容に無関係のコメントは削除します。
またスパム対策のため、URLを記入される場合は、先頭のhを抜いて「ttp」で始めてください。
コメントする