ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS

<< 覆面作家企画5 感想<Gブロック> | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
覆面作家企画5 感想<Hブロック>
Hブロックの一言感想です。自分なりに感じた事をまとめてみました。
辛口な感想もありますが、突き放すようなことは書かないようにと心がけています。
※推理期間は終了し、正解発表がされていますが、正解を見ない状態でこれを書いています。ご了承ください。

H01「Where is the princess?」
 英語だと痛むはhurt、悼むはmournかgrieve。同音異義語を生かしたいのなら、舞台は外国ではなくて日本の方が良かったのでは? サスペンス作品としては綺麗にまとまっていると思います。読後感も○。

H02 Eve or Vandor
 視点切り替えをしているのに語ってることは二人ともほぼ同じなので、読んでいて少し単調に感じました。同じ事柄でもイヴとヴァンドールで全然別なことを考えていたら、面白かったかも。

H03 さようなら、おじさま
 読みながら、おじさまが悪い方に豹変しちゃったらどうしようと心配してしまいましたが、ちゃんと純愛ハッピーエンドになって良かった〜! 語りが上手くて、安心して読めました。

H04 さいわいのきみ
 最初、動物を擬人化しているのかと思ってしまいました(笑)。実に美しい、童話風の物語でした。言葉が丁寧に紡がれていて、読んでいる間ずっと周囲がキラキラ輝いているように思えるほど。登場人物の名前は和風メルヘンだけど、物語の町並みはヨーロッパ風かな?

H05 磐縒姫(いわよりひめ)
 私、試されてるんでしょうか。知識とか読解力とか色々と(汗)。淡々とした筆致から硬派な推理物かと思って読んでいたら、最後は神頼みでちょっと呆気にとられてしまいました。真相だけがぽーんと神隠しにあってしまったような感覚です。

H06 くれなゐの鬼
 和風ヒロイックファンタジー? 作品のノリが少年漫画ぽくて戦闘シーンをイメージしやすかったです。何となく「犬夜叉」の殺生丸とりんを想像しました。クールぶってるのに何だかんだで紅丸は人情家ですね。

H07 薔薇の娘
 一読した時は何て怖い話なんだ!と身震いしました。「本当は怖い○○童話」のような雰囲気。マリアはなぜミアに男たちの相手をさせていたのでしょうか? 母親の愛情が本当はミアに注がれているのに気付いたから? そして母親と同じ倒錯した愛を彼女に注いでいたとしたら……? ミア逃げてー、と言いたいところですがこの姉妹もすでに共依存の関係なのかもしれません。

H08 白雪異聞
 何とストイックで美しい主従関係である事か。プラトニックであるがゆえに、二人の関係はより一層深まっているような気がします。最後、姫様は戦闘経験がないのにもかかわらず、追手を一掃しちゃったのかしら。まぁ、これは伝承ぽいので、何人か斬り捨てつつ二人で脱出して、遠いどこかでひっそりと暮らしているのだと脳内補完しました。

H09 ミューズ
 この物語の語り手は共感覚の持ち主なのですね。ピアノの演奏シーンが一枚の絵画を鑑賞しているように思えて、素敵でした。
 レッスンを受けている姉よりもはるかに色彩豊かな音楽を紡ぎ出す弟。才能の差や自分の限界に気付いてしまう瞬間は、いつかは訪れてしまうもの。それをあえて告げない先生は優しいけど少し残酷かもしれません。

H10 水の、匂い。
 方言がいい味出してます。柔らかな表現に、陽だまりのような温かさを感じました。じいちゃんもユキも山も、皆温かい。優しい作品ですね。

H11 perfume of mystery
 ツイッター上で皆が「続きは?!」と叫んでいましたが、私は逆で「これで終わり」なお話なのだと感じました。甲斐犬、じゃなくてデカわんこな甲斐健のキャラのインパクトが強すぎて、事件がどうでもよくなっちゃったんですもの!(笑)ぶっ倒れたわんこ君を、即席の担架を作って運び出す警官ご一同様、手際良すぎです。きっと日常茶飯事なんでしょうね。

----------
好きな作品:
「H03 さようなら、おじさま」「H08 白雪異聞」純愛万歳!
「H09 ミューズ」才能の残酷さと美しさに惹かれました。
覆面作家企画関連 / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
*記事内容に無関係のコメントは削除します。
またスパム対策のため、URLを記入される場合は、先頭のhを抜いて「ttp」で始めてください。
コメントする